アニホス地蔵尊

犬の地蔵尊が、親しみを込めて「猫を抱くお地蔵さん」と呼ばれ、Pet Clinic アニホスの玄関前にあります。

お地蔵様の「地」は大地、「蔵」はお腹。

大地はほとんどの物質を分解し吸収します。
また、逆に多くの資源を抱え、命はぐくむ蔵としていろいろの恵を私たちに与えてくれます。

大地が全ての命を育む力を蔵するように、苦悩の無限の大慈悲の心で包み込み、救う所から地蔵菩薩とされ、すべての生き物を救うとされています。

姿、形はどうあろうとも、この世にすべてが通じます。

そのような考えから猫を抱くお地蔵様を山村穂積(初代Pet Clinic アニホス院長)のデザイン作で2011年4月吉日に全生庵第七世住職 平井正修の開眼供養によりアニホス地蔵様に魂を入れていただきました。

アニホス地蔵様の屏風石は鏡のように影がよく映ります。映る姿は自分ですが、鑑みる時間を作ることができます。

時には嬉しい日もあって
時には悲しい日もあって
それぞれの願いは時として変化します。
頭をなぜたくなる、手を合わせたくなる。
心と心でお話しください。