当院について

Pet Clinicアニホスとは?
Pet Clinicは愛玩動物の専門相談所。アニはAnimate(生命)、Animation、(命をあたえる)など生命との関わり。さらに、ホスは、Hospitality(親切なもてなし)、Hospitable(手厚くもてなす)といった意味が込められ、一貫したコンセプト"命に対する真剣な対話"と"心のこもったふれあいを"を意味しています。

「命に対する真剣な対話とこころのこもったふれあいを」をテーマとし、飼い主様にはサービスと喜び、動物達には最高の医療と安らぎを、地域社会にはふれあいと貢献の提供を目指しています。

ロゴマークは、"未来に残す森を目指して"の中で、初代院長山村穂積は森の中の一本の木になるよりも、木や花を育てる土壌になりたいと常に思っていることから、落ち葉に犬の足マークで、スタッフが成長とともに落とした落ち葉が踏みつけられ、やがていい土壌となり、さらにスタッフが豊かに成長出来るように願ったもので、その結果、飼い主様や動物たちにより多くの先端情報や治療が提供できるようになると考えています。

Pet Clinic アニホスとアニホスフォレスト株式会社

Pet Clinic アニホスでは、豊富な実績と最高水準の手作りの技術力で、飼い主様にとってかけがえのない家族であると共に子供同様であるコンパニオンアニマルたちの診療にあたっています。

具体的には、それぞれの獣医師が自分なりのテーマを持って、絶えず新しい知識を吸収し、日々の診療にあたっています。その獣医師をアシストする動物看護師はよりよい動物看護を目指し、獣医師の手足となって十分に活躍できる知識と経験を積み上げています。その周りをしっかりと固めているのは、縁の下の力持ちがさまざまな形で活躍して支えています。

しかし、いくらそれぞれのスタッフがそのもてる技術を磨いても、その後ろにしっかりした人間性が存在しなければ、真の医療の実現は難しいと言えます。

真の動物医療の実現のためには、まず、スタッフの人材教育が大切であり、同時に能力開発に様々な機会を設けることも必要です。新しい診断技術の習得、看護技術の導入、飼い主様とコンパニオンアニマルがより利用しやすい病院システムなど、新しい試みへの着手、技術の研鑚には終わりがありません。

Pet Clinic アニホスは、民法上の株式会社組織を採用して、運営母体のアニホスフォレスト株式会社によって経営されています。
アニホス、anihos、ロゴマークは商標原簿に登録されています。
第44類:第4807528号・第4844072号